忍者ブログ
  • 2017.06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.08
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/07/29 03:38 】 |
ごぼう抜き!
剛脚が寒風を切り裂いた。シルクフォーチュンが圧巻の直線一気。4角最後方から大外に持ち出すと、大きなアクションから繰り出される藤岡康の左ムチに応える。グイグイと伸び、ゴールを待たずに全馬をまとめてかわし切った。上がり3Fは芝並みの34秒9。藤岡康は「本当にいい脚だった。あまりペースが速くなくてどうかなと思ったが、ねじ伏せる感じだった」と目を細めた。

 藤岡康のこの日の騎乗馬はフォーチュン1頭だけ。「一頭入魂」で結果を出した。テン乗りだったプロキオンSで重賞初Vに導いたものの、その後は3着が3回。それだけに「勝てて良かった。オープン特別でも勝ち切れないレースが続いていたので、ホッとしている」と安どの表情を浮かべた。

 6歳を迎えても、フォーチュンはまだ成長を続けている。近4走は全てプラス体重での出走。6キロ増だったこの日の470キロは自己最高体重だ。藤沢則師は「パドックではお尻の筋肉も盛り上がって見えて、いいなと思った」とレース前に好走を予感していた。

 もちろん次走はフェブラリーS(2月19日、東京)。マイルは3戦未勝利だが、陣営は昨秋の南部杯(3着)で手応えをつかんでいる。剛脚を発揮しながら届かなかったが「2着馬(ダノンカモン)が尻尾を振って、それを気にした」と師。最後でやや伸びが鈍ったのは距離が理由ではないとの見解だ。

PR
【2012/02/01 16:19 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
| ホーム |